放課後アニメタイム♪

サブカルまとめサイトです。「ラブライブ!」を中心に記事まとめています。

ヘッドライン

おすすめ最新記事

 にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ  ブログランキング ブログ王ランキングに参加中!

『ラブライブ!』の人気の理由を西木野真姫役・Pile様が語る!「最初はコミケのCDから全然売れなくて、自分たちでも説明ができないぐらい謎のコンテンツだった」


no title




“中の人”が語る「ラブライブ!」人気の理由…2次元と3次元の相互効果

Pile

 漫画に端を発し、アニメ、ゲーム、映画…と次々に大ヒットを連発。作品のファンを指す「ラブライバー」という言葉まで流行させているのが、学園アイドルをテーマにした作品「ラブライブ!(LOVE LIVE)」だ。

 とりわけ、6月13日公開の劇場版アニメ「ラブライブ!The School Idol Movie」は、公開から2カ月で観客動員150万人、興行収入22億円を超えた。驚異的なブームを巻き起こす同作の魅力を、同作で声優(西木野真姫役)を務めた歌手のPile(27)が語った。

 Pileはこれほどの人気になった理由について「最初から掲げている『皆で叶える物語』っていうのがあって…」と説明。「最初はコミックマーケットのCDから全然売れなくて、自分たちでも説明ができないぐらい謎のコンテンツだったんですけど、そこから応援して下さる方がいて、CDがたくさん売れるようになって、アニメができて…っていう、いい意味でメンバーと役柄がリンクしていたり、していなかったりする部分。そしてメンバーがそれぞれの役柄を大切にしている部分が大きいんじゃないですかね…」と、2次元と3次元の“相互効果”を口にした。

 Pileはソロ活動の傍ら、作中で登場するアイドルグループ「μ’s」の一員として、実際にコンサート等も行っており、ある意味2次元と3次元を“共有”している存在。「最近見る『オールメディア展開』っていう言葉があるんですけど、メンバーが歌手だったり女優だったり、多分野、多方面に出られるのが強みになったのかもしれないとも思います」という。

 出演者の存在が、作品にフィードバックを与えているのも「ラブライブ!」の特徴の1つ。Pileも「私たちと、演じてるキャラクターが、どんどん似てくるんですよ。例えば、あるメンバーが好きな動物が、その子が演じるキャラクターの好きな動物になって作中に出てきたりとか…。いろいろリンクしているんですよね」と説明した。また、元来が読者参加型の企画だったこともあり、一般ファンの声も作品に多く投影されている。

 その分、「μ’s」としてコンサートを行う際には、個人活動とは違う刺激があるという。「本当に難しくて面白いんですけど、自分が2人分の人格を持って立ってるというか…。だから、自分で一回、外から見てみたいんですよね」と笑った。


(※続きはソースで) 

via:“中の人”が語る「ラブライブ!」人気の理由…2次元と3次元の相互効果 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース



キミがくれたKISEKI (初回限定盤)
Pile
ビクターエンタテインメント (2015-04-22)


いつもリツイート・シェア・ブックマークありがとうございます m(_ _)m


おすすめサイト最新記事




放課後アニメタイム♪最新記事


コメントする

名前:
メール:
URL:
 
情報を記憶: 評価:  顔  星
絵文字
コメント
管理人からのお知らせ
ブログURLがhttp://lovelive-matome.ldblog.jp/に変わりました、旧URLは近々繋がりなくなります。お手隙な時に新URLに差し替えて頂けると幸いです、お手数かけて申し訳ありませんm(_ _)m

記事検索
最新記事一覧
カテゴリ別アーカイブ







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
amazon
  • ライブドアブログ